ファスティング(断食)とは、食事を摂らずに酵素ドリンクなどの栄養素が豊富なドリンクと水のみを飲んで過ごすというダイエット方法です。

 

日頃酷使している胃腸などの臓器を休ませることができるので、デトックス効果が高まるといわれており正しい方法で行えば心身ともに健康的な状態へと導いてくれるダイエット方法とも言えるでしょう。

 

しかし、厳しい食事制限を伴うダイエットなので知識がない状態で行うのは非常に危険です。

 

今回はファスティングダイエットを始めて行う人に気を付けて欲しい2つのポイントをお伝えします。

ファスティングダイエット初心者に気をつけてほしい2つのポイント

 

ファスティングダイエットの初心者によくある失敗は大きく分けて2つです。

 

「たった2つ?」と思われた人も多いかもしれませんが、どちらも非常に重要なことなので、ぜひ覚えておいてほしいです。

 

①ファスティングのしすぎで体調を崩す

ファスティングというのは長く行えば効果があるという我慢くらべではありません。

 

半日・1日・2日・3日間などの期間で行うのが一般的で、それ以上は推奨されていません。

 

最長とされる3日間のファスティングでも、準備食や回復食などで食事量を調整しながら1週間ほどかけて行うものなので日数を増やしてストイックに追い込みすぎるのは体調を崩してしまうのでオススメきません。

 

体調不良の期間や、妊娠中・授乳中・生理中など体がデリケートな時期は避けてご自身の体と相談しながら無理のない範囲で試してみてくださいね。

 

②食べたい欲求に負けてしまう

1日3食しっかり食べていた人にとっては、1食抜くだけでも大変なこと。

 

それが何日も続くとなると我慢できなくなってつい食べ物を口にしてしまう…という失敗があります。

 

空腹感が辛い場合は、食事の代わりになる酵素ドリンクを多めの炭酸水で割って飲むと少しは空腹感が紛れるかもしれません。

 

ヨガやストレッチなどで体を動かしたり、お風呂に浸かったり、集中できる趣味に没頭するなど食べること以外に意識を向ければ空腹感が和らぐのでオススメです。

 

チアシードやバジルシードなど、お腹の中で膨れるスーパーフードが入っている酵素ドリンクもあるので試してみてください。

 

まとめ

ファスティングダイエットは、食欲という生命維持に必要な欲求をコントロールしなければならないので初心者の人は辛いと感じることも多いと思います。

 

ファスティングダイエットを始めて行う人の失敗例は大きく分けて2つあり、1つ目のストイックにファスティングを行ってしまうタイプの人は、最長でも3日で辞める勇気を持ち自分の体調と相談しながら無理のない範囲で行うようにしましょう。

 

2つ目の食欲に負けてしまうタイプの人は、食べること以外に意識を向けるようにして過ごしてみてください。

 

そうすれば初心者でもファスティングダイエットに成功できるはずです。